桜アカデミー

電話番号【052-331-5518】

お問い合わせ

学力低下が叫ばれる今こそ、中学入試!

中学受験コース 小4~小6

生徒を第一志望校に合格させるだけでなく、中学入学後もさらに学力を伸ばしていくことができる生徒を育む仕組み、これが桜アカデミーです。

中学受験後も必要な、「生きる力」を身につける

桜アカデミーは、「受験のノウハウを詰め込むだけが塾の役目」とは考えていません。それは、お子さまが将来遭遇する問題には、必ずしも答えが用意されているとは限らないからです。そのようなときこそ、「自ら答えを探す思考力」を持っているかどうかが問われるのではないでしょうか。では、その思考力や創造力、つまり「自ら考える力」は、どのようにしたら身につくのでしょうか。桜アカデミーでは、大きく分けて2つの方法があると考えます。

”2つの方法”とは・・・

➀自ら求め、自ら考える習慣をつけること

桜アカデミーでは【まず授業を受ける→テストで確認する→復習する(自ら考える)】という流れが学習の本来の姿であると考えています。先生に正解を教えてもらう前に、これまでの知識を総動員して新たな問題にチャレンジするうちに、オリジナルの思考パターンが生まれます。逆の表現をすれば、なにもかも教え込まれる指導からは、自ら考える力は育ちません。まずは自ら考える、そしてそれを授業で確かめ、より深い考え方を復習で身につけ、さらにテストで確認する。この“自ら考える習慣”を身につけることが、非常に大切なのです。

➁基本を大切に、徹底的に積み重ねること

桜アカデミーは、「基本」を大切にしています。基本というものは、新たな思考を生む発射台のようなものです。基本をきちんと積み重ねていると、あるとき、急に目の前が開けるときがやってきます。理解力が高まり、悩んでいた問題がスッと頭に入ってくる、この瞬間が大切なのです。オリジナルな発想は、基本を確実にマスターした人だけの特権なのです。桜アカデミーは、受験テクニックよりも、まず正しい考え方を身につけることから指導していきます。

知能の急速な発達や、さまざまなものに興味が向けられる小学生の時期は、一生のうちで知識や学力を伸ばす絶好の時期です。桜アカデミーは、「桜アカデミー」が長年培ってきた経験を活かし、最適な時期に最適な指導を行います。中学入試に必要にして十分な学習内容を、あくまで無理なく進めていきます。

小学4年生

4年生は受験勉強のスタートラインです。よいスタートを切るために、この時期はまず「計画的に学ぶ」習慣をつけるところから始めていきます。そして、やがて始まる本格的な受験勉強に備えて、基礎力の強化に主眼を置いた授業を行っていきます。また、毎週の週例テストを繰り返すことによって、自然と「問題を解く力」が向上します。

小学5・6年生

5年生になると、いよいよ受験を視野に入れた学習が本格化します。桜アカデミーでは、6年生の夏休み前までに受験に必要な全領域を学習します。そして、6年生の夏期講習以降は、分野別の総復習で弱点部分を補強するだけでなく、受験に的を絞った学習、すなわち志望校ごとの入試対策(過去問演習)を行ったり各種模擬試験を受験するなど、合格を確実なものにする徹底指導を行います。

成績アップ・志望校合格に向けて

公式の丸暗記ではなく、「どうしてそうなるのか」という本質をしっかりと考えさせることを念頭に、「授業」→「週例テスト」→「復習」を1週間で行う学習サイクルが桜アカデミーの基本です。毎週末の週例テストで、学習内容の理解度・定着具合を確認し、週末のうちに復習することで、その週の学習はその週のうちに習得できます。そうした一塾完結型の学習が成績を着実に伸ばし、志望校への合格を確かなものへとしていきます。

学年 科目 時間数
小4 算数・国語 各60分 x 週2回計算・文章記述 各60分/隔週 + 週例テストテスト解説・復習授業
理科・社会 各60分 x 週1回
小5 算数・国語 各60分 x 週4回 + 週例テストテスト解説・復習授業
理科・社会 各60分 x 週2回
小6 算数・国語 各60分 x 週4回 + 週例テストテスト解説・復習授業
理科・社会 各60分 x 週2回

生徒募集

四谷大塚NET

桜アカデミー自慢の講師紹介